施工例ブログ

  • 2018.08.05

    東京都杉並区 Y邸

    二階まで伸びる木立の中庭。すべての部屋から中庭を望み、縦の線と横の線が交わり織りなす。

    緑の景色を飾る、中庭は一幅の絵画のように・・。

     

     

     

    施工後一年経過

     

    杉並区Y邸の庭、熊澤安子建築設計室のお仕事です。
    毎回思う事ですが、庭づくりのはその土地の重みを感じることだと思います。
    現在に至るまで、その「場」にどのような歴史があり、物語があったか・・。
    どんな自然が広がり、人が居住し、またどんな大きな力で守られてきたか。
    庭を作るという事は、打ち合わせからプラン作り、樹木や草花の選定、植栽に至るまで、そのことに寄り添い感じることだと思っています。
    テクニックではなく、あえて言葉にするなら「感応」ということに近いかもしれない。
    ですから、集中して作業すれば、あっという間に完成する。
    草木の魂、土地の力、施主様の想いが大きな力添えになります。

     

    施工直後 1月